インド古代叙事詩「マハーバーラタ」の
全編舞台作品化計画。

小池博史ブリッジプロジェクトが2013年から2020年までの8カ年計画で臨む、
インド古代叙事詩「マハーバーラタ」の全編舞台作品化計画。
いよいよその集大成である完全版マハーバーラタの公演が決定!!
アジア各国のアーティストらが共同で取り組み、発展を遂げる本事業はアジア、
そして世界へ向けてビッグウェーブを起こす。
タイと日本から世界へと発信する本作。どうぞお見逃しなく!

MAHAB
HARATA

INTRODUCTIONなぜ今マハーバーラタなのか?

「平和」について改めて考えるストーリー全世界を司るものが神だとすれば、なぜ神であるクリシュナは、策を巡らしてまで、登場人物すべてを滅亡へと導いたのか?
それは、「戦い」そのものを廃絶しようとしたからだと考えられる。戦うことそのものへの虚しさ、「戦い」そのものの「悪」を問う物語が「マハーバーラタ」と言える。
平和とは?私たちには何ができるのか?根源的な「平和」を希求する物語。
現代社会を映し出す人間ドラマ対難民問題やヘイトスピーチ問題に見られるように、文化的背景が「異」なるものに対して非寛容になりつつある現代社会。
神の血を引きながらも、現代人同様に欲望や嫉妬によって争う登場人物たちが破滅していく様を描いた「マハーバーラタ」のストーリーは、人類が歩んできた争いの歴史の物語とも言い換えられる。
非寛容による悲劇の物語である「マハーバーラタ」を現代社会に重ね合わせつつ描くことで「寛容」の重要性を示す。

STORYストーリー

天界と人間界の境界線が定かではなく、神と人が交じり合っていた時代。
天女を祖母にもつバラタ王を始祖とするバラタ族。
「マハー=偉大なる」バラタ族の物語がマハーバーラタである。

READ MORE詳しく見る

NEWSお知らせ

  • 8カ年計画「完全版マハーバーラタ」が2020年7月ついに完結!

  • 完全版マハーバーラタのウェブサイトを公開しました。

MOREもっと見る

KIKH Brigdge Project

小池博史ブリッジプロジェクト

2012年5月、30年の活動に終止符を打った舞台芸術カンパニー、パパ・タラフマラの演出家小池博史が同年6月より始動。舞台作品制作だけでなく映像・写真・インスタレーション・文章などあらゆるメディアを活用した多角的な発信を行なう。
またイベント・講演会・ワークショップ・教育プログラムの実施など、“からだを使って考える”事の出来る人材の育成も含め、包括的な視野で世界と時代と文化の架け橋を創り出す為のアートプロジェクトとして日本国内世界各国を舞台に活動する。